このブログへのアクセスを見て、どんな人が見に来てくれてるんだろうなーと想像するのは結構面白い。例えば、このブログの6、7割はリーダー経由で来てるとか、IE6の倍以上Mac Safariのアクセスが来るとか、大体がリピーターだけど大概の人が1セッションにつき1~2ページしか読まずに帰るとか、それだけでも「ああ、このブログ読んでるのはやっぱ俺と同種の人達なんだろうな」と推測できてニヤニヤできる。というか、おかしいよねその比率。ここで書いてる内容から言うとまぁそうかなという気がするけど。

ところで、面白いのが、「どんなキーワードで検索してこのブログに来たか」。ちなみにGoogle Analyticsで取れたキーワードの上位10位がこれ。

検索キーワード

なんだこれ。いや、LLVMとかDataMapperとかは、実際書いてるし、わかる。というかLLVMやらDataMapperやらMacRubyで検索してほぼ上位のページに出てることの方が驚き。ごめんなさいごめんなさい。せっかく来てくれてるのにDTのことばっかり書いててごめんなさい。

それはいいんだけど、「あきばふみっ娘学園」とか「第501統合戦闘航空団 秘め声CD」って何。俺、それについて一言も言及したことないし、そもそもどっちも一体どんなものなのかも良く知らないんですが。いや、名前は知ってる。でもどっちも、明らかにもっと相応しいページがあるよね…?ってか、どうやっても俺のブログになんか辿り着けないんだけど…なんでこれが一定数居るんだよ…。先生、怒らないから正直に言いなさい。どうやってここに辿り着いたんだ。それだけが気になる。

そして良く考えたら、今までは本当に一切言及してなかったから謎のキーワードだったんだけど、この記事を書いたせいでそのワードで検索引っかかるようになるねこれ。そう言えば以前「兄貴と私 ボディービル」なんてのでこのブログ引っかかるようになっちゃった前例があるし…。ひゃー。うっかり上記のワードでここに来てしまうであろう人に申し訳ない。ちゃんと言っとこう。当ブログはフィクションではありませんが、実在のふみっ娘とも秘め声CDとも一切関係ありません。ついでに言うとfaultierはボディービルダーではありません。

あー、どうせ無関係な単語で飛んでくるんなら、せめて「御坂美琴 感電したい」とか「萩原雪歩 一緒に埋まってますぅ」とかで検索してくれたらもっといいんじゃないかなぁ、って何を言ってるんだろう俺は。

追記

美琴に感電したい

Google先生、反応速すぎやしないですか…。本当に捕捉されてしまった…。