昨夜はついつい興奮して夜中、というか感覚的には朝までAppleのイベントの速報を見続けてたわけですが…明けて冷静になったかと思いきや…朝Apple StoreでiPod touch売り出してるのを見たら衝動的に注文しちゃったよこの野郎。iPod touch 16GB、お値段は4万8800円也。俺の阿呆。

昨日発表された内容、結局ほとんど事前に噂されてた通りだったなぁ。160GBのClassicとかスタバとの連携とかはへぇ、と思ったけども。以下、それぞれについての雑感。

新型iPod nano

事前に出回ってた画像そのまま、ちょっとふとっちょでUIの機能強化がなされたもの。

デザインはやっぱり現行のやつのがいいなぁ。あと動画対応もしたんだけど、iPodの画面ですら動画再生には物足りない小ささなのに、nanoサイズで動画を観る利点ってあるんだろうか。Video Podcastとかが観られるのはいいかもしれないけど、ドラマやアニメを持ち運ぶ気にはならないなぁ。でも、最初はVideo iPodだとかワンセグ携帯とかも「ハァ?」と思ってたわけで、慣れてしまえばそれなりに楽しめるのかもしれない。まぁ、どっちみち買わないけど。大容量iPodとiPod touchの二台持ちすることになるので、そうなるとnanoは流石にいらない。

あと、写真で見た限りではUIはかなり使い易くなってるっぽい。あれだけでも結構魅力的。上位機種に比べたら見劣りするけど、単体で見たらかなりハイスペックなGadgetだなー。

iPod classic

フルメタル。2Gのnanoと同じ材質ってことかな。で、これもデザインは5Gのやつの方がいいと思うわけで…。注目すべきは160GBの大容量。お値段は4万2800円。ってか、俺のMacBookより容量大きいんですけど。OS入れられるんですけど。これに環境全部入れて持ち運べたら便利だよなぁ。ああ、でもそれじゃiPodとして使えないけど。

touchやnanoのインパクトに比べると面白くもなんともないんだけど、ヘビーユーザは買い替えるとしたらとりあえずこれしか選択肢はないわけですね。ううむ。

iPod touch

まぁ、大方の予想通りではありますが、昨夜のイベントの主役。まさに電話無しiPhone。実にi。8GBと16GBしかなく、動画が観られSafariやらなんちゃらが載ってるような機種にしては物足りないし、値段もはっきり言って高い。のだけども、iPhoneを手に入れることができない日本のユーザにしてみればあの衝撃的なインターフェースを体感するにはあれを買うより他にないわけで、その一点だけでもこの「買わねばならない」という衝動を抑えられないんだ。なんと悲しい性。

いやしかし、携帯音楽プレーヤーの枠をもう遥かに超えてしまってるなぁ、あれは。Wi-Fi&Safariの組合せだけでもかなり面白いことが考えられそうだし、どうみてもiPhoneとベースになってる技術が同じ、だとすれば早晩ハックして自作アプリを動かせる環境をつくっちゃうやつがでてくるよね、そうなるともはやいじり放題だよね。あうあぁ。…しまった、よだれ出てた。Cocoa勉強しててよかったな。何作ろうかな。ウフフフフフ。

ということで、思い切って朝一でiPod touchを予約したのはいいんですが、お届け予定日は10月2日だそうで。くっ、待ちきれない。どうしよう、classic買っちゃおうか。お、落ち着け俺。

追記

どうでもいいけど、AppleはCover Flow大好きなんだな。なんでもかばーふろー。