以下の流れを見て本当に萎えたので、反射でエントリを書きます。

先に立場を言っとくと、id:amachangの意見に共感してる。まぁ、そこまで熱い気持ちはないんだけども、一応その上で書いてるということで。

健全とか品格とかは割とどうでもいい

健全なコンテンツかどうかって話は受け手次第だと思うので、特にどうこう言うつもりはない。が、元記事のモバイルサイトで年収4000万稼ぐ18歳の少年って、ゴミだよね。全く尊敬にも感心にも値しない。「ホームページを作る人」ってのが技術やコンテンツの提供者サイドにいる人を差してるんなら、こういうのを持ち上げる*1神経が理解できない。ビジネス?って文脈なら別におかしくないかも知れんけどさ。いずれにせよそれに全く共感しないけど、まぁ「ホームページを作る人」が言う話じゃねーなと思う。自分が作るものよりその辺のゴミのが金稼いでるのかーとか思うと虚しくならんのかな。あるいはユーザサイドでその手のノイズにイライラしないのかな。そういう気持ちが湧かない、あるいはそれがあってなお「今ある蜜」なんて言ってるんなら、きっと「作る人」なんじゃなくて「売る人」なんだろうなと認識するけど。

なんか横槍もいいところ

で、それに対して技術は中立であって善悪まで技術者が責任を取ることは云々、みたいな話が最後にありました。いや、これが本当に萎えた。なんか、流石に今回の件とは論点がズレてると思いますが。まずそもそも、技術の話じゃない。セコい儲け話であって、技術の善悪の話なんかじゃない。だからid:amachangが品格なんて言ったんだと思う。ちょっとそれはいくらなんでもはしたないよって意味で。

それから、技術の善悪まで技術者が責任持つこともない、って話は理解はできるんだけど、善意であろうとする人の方に苦言を呈すのはどうなんだろう。核兵器廃絶に努力する科学者たちの前で「技術に善悪はない、問題は使う側なのさ」って言ってどうする。いや、それはわかるからこそその技術を生み出した側が気を使うんじゃないか。

ましてや、この話はもっと低次元の話で、善悪とかより誇りとかそっちの話。中身なんもないけどフォーマットにそった論文を大量に書いてるとお金沢山入るよ!とりあえずお決まりの広告打っとけばどんなゴミでも売れるよ!やったね!なんて話を得意気に宣伝されたら、真面目に研究したり開発したりしてる人たちや、それでゴミを掴まされる人たちが腹を立てるのは普通だろう。むしろそういうときに真っ先に腹が立つのは技術に誇りを持ってる人なんじゃないのかなぁ。俺は誇れるほど大層な技術もないけど、ビジネス論や倫理観の話の前に自分達が作るものとそういうゴミを同列に語られるのは嫌だし、一消費者の視点でも「どんどんゴミを増やしましょう」なんて言う人を見たら「ちょっと待て」って言うと思うよ。

追記

書ききれてないことがあったのと、「そこまで熱い気持ちはない」とか言いながらもカッとなってやりました感の溢れる稚拙な文章を、冷静になったところで修正したいなとか思ってたんだけど、この辺の記事で大分言いたいことを言ってくれたのでいいかな。

なんつーかな、青いって言われるの承知で言うと、「ゴミが街中に溢れてくるときっと誰かが掃除して綺麗になるから、ゴミを撒くのがビジネスになるうちはやりたい人はどんどんやれ」ってのが解決策だと言えちゃうセンスが嫌だった。そしてそれを言った人が「(ゴミじゃないものを)作る人」を名乗ってるのが悲しかったかな。それが本当にゴミなのかとか、お金が動くってのはどういうことかとか、それはそれなりに意味はあるんじゃないかとか、それを(また別の話として)考えるのは止めない。でも、ゴミをもっと撒けなんて言うのは嫌だ。まぁ、それは言いたかった。

*1:別に賛美などしてない、って言われそうだけども、amachangの言うように啓蒙目的の記事には見えなかった。こんなもん感心した!って文脈でとりあげてる時点でどうかと思う。