As Sloth As Possible

可能な限りナマケモノでありたい

カテゴリ: 趣味

ブログネタ
なんでもない日記・ に参加中!
ダンボー

どうも、歌って踊れて絵も描けるプログラマを目指して日夜修行中のfaultierです。嘘です。歌えないし踊りもさっぱりだし特に上手くなる予定もないです。

ここのところFlash職人の人達に会うことが度々あって、その昔(まったく無名だったとはいえ一応)職人としてFLASH板に出没してた俺としては「これは俺も久々に作品を作ってFlashアニメ界に返り咲きを果たさなければ!(※そもそも一度も咲いてないので返り咲けないことを忘れてる)」と妙にテンションを上げていそいそとFlashを作り始めたのはいいものの、まず思ったように絵が描けず挫けかける。

マウスで絵が描けないんだったらペンタブがあればいいんじゃね?貧乏学生だったあんときとは違って今は大人なんだろ?と頭の中の七人のダメ人間に囁かれたので土曜の朝からソフマップに出掛けてペンタブ衝動買い。わっほーい。これで俺も歌って踊れて絵も描け(中略)だーい。

というわけでまぁペンタブを手に入れたわけですよ。で結局Flashの方は地道な作業に疲れてしまって放置、でもお絵描きが楽しくなってしまってあれこれ描き始めて今に至る、と。飽きるの早すぎだろ俺。い、言わないで、そのうちペンタブすらどっかにしまわれてしまうのが目に浮ぶとか言わないで。思い付きの買い物が散財だったのは誰より自分が一番良くわかってるんだから。

そういえばお絵描き機能が付いてからまだ使ったことなかったので、なんか描いてみることにした。

さよならデンスケ(修正)

あのシーンですね。うん。年末にテレビの前で真面目に涙ぐんだあのシーン。今、電脳コイルのDVD最終巻を見つつ涙目で描いてるので歪んでるんだということにしとこう。

追記

しまった鈴付けるの忘れてた。ということで修正。サムネイルじゃなくて元画像貼ろうかとも思ったけど、サムネイルのがマシに見えるからこのままにしとこうw

ブログネタ
THE iDOLM@STER に参加中!

表題通り。ええ。今更ですよ。ええ。かなりマズい傾向ですよ。手を出す気なんかさらさらなかった箱○を買っちゃうしマイクロソフトポイント速攻で数千ポイントほど購入しちゃうし。非常にダメな方向に流れつつありますよ。ええ。

いや、だってさぁ…これ観ちゃったら買わずにはいられなくて…。L4Uも買おうかと思ったけど、とりあえずまだやめとく。Do-Daiを春香に歌わせられないけども。けども。…あーこりゃ買うな…。きっと…。


それはそうとつくづくニコ動の宣伝効果とアイテム課金の魔力を痛感した週末。

帰ってきたらTime Capsuleが届いてた。1テラバイトゥ。

とりあえず、ちょっとしたサーバ並みに騒音を出す外付けHDDからiTunesのライブラリを全部移した。USBポート塞がないし、静かだし、無線LANのアクセスぽいんとにもなるし、1TB。素敵素敵。これは買いですよ。

iPhone SDKは未だダウンロードできてない。まぁこっちは追い追い。

新年早々ちょっとばかりイライラする出来事に遭遇したので、気分転換に電気屋初売り巡りをしてきた。購入品目はiLife '08とビッグカメラのデジカメ福袋。iPhotoを手に入れてカメラも欲しくなったのか、カメラを手に入れてiPhotoを欲しくなったのか、どっちなのかは言わないでおこう。


で、上のが早速撮った写真。うん、なんつーか、他に撮るもんなかったのか自分自身を問い詰めたい。まぁいいや。

帰りに乗った宇都宮線が快速で、うっかりこのまま下り方向に向かうと鷲宮に近付くなぁとか考えた自分の脳味噌爆発しろ。

涼宮ハルヒの約束(限定版)
を、買いました。

会社帰りに、正月休み中の一人開発合宿(別にどこにも行かないので合宿でもなんでもない)に備えて新しいキーボードを買いに行ったはずが、気が付いたらこいつがカバンの中に。不思議現象。ちなみに予約もしてないし買ったのも通常版だけど、テレカとフィギュアが付いてきた。持て余すなぁ。ダンボーと違って会社に飾るのは躊躇うしな。誰かにあげるかな。

ゲームは確かに会話シーンが凄いんだけど、高画質・フルボイスなのと引き換えに、二言三言喋る度に読み込みが入るというストレスフルな仕様。長門はともかくハルヒや谷口が微妙な間を取りながら話すのでは全然感情移入できない。もう少しどうにかならなかったんかなー。あの表情や動作を作るのがいかに大変だったかは察するけども。

とは言え。なんだかんだ言いながらも非常に満足しているのですよ。長門のおしゃべりたいまーに。正直あれのために買ったようなもんだ。

プラモは昔から好きだったのだけど、完成品にはあまり興味がなくて今までフィギュアは買ったことがなかった。が、友人が最近のフィギュアはリーズナブルなお値段なのにハイクオリティ、と力説してくるので、半分受け流しつつ聞いてたのだけど…コレを見たら買わずにはいられなくなった。

リボルテック ダンボー
リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン

ツボに入りまくり。ダンボー。この微妙な色あいといい表情といい、絶妙な仕上りじゃないですか。目も光るし、みうらヘッドも付属。しかもなんだ、アマゾンボックスバージョンて。

ノリノリで秋葉原まで行ってきてしまった。多分、地元の模型屋とかおもちゃ屋でも売ってたけど。勢いでアマゾン版も注文したのだけど、間違えて転売してる方(値段倍くらい。正規版は今品切れらしいけど、増産確定なので待ってれば届く)を頼んでしまった。ぐは。ま、まあいいさ。欲しかったんだもんね、すぐ届く方がいいんだもんね。…はぁ。

また一つ散財のタネが増えちゃったなぁ。友人のばか。

昨日は久々にCDを買ってきた。最近TSUTAYAとiTMSと電波ソングにばかり御世話になってたし、そもそもCD買ってまで聞きたいと思う曲にもあんまり出会わなかったからなぁ。で、買ってきたのは大槻ケンヂと絶望少女達『人として軸がぶれている』と、石川智晶『僕はまだ何も知らない。』。ええ。アニソンですよ。アニソンですが何か。

『人として軸がぶれている』は絶望先生のあのOPで話題になった曲だけど、それよりも歌詞がすごい。「わかったぜ 報われぬそのわけ 人として俺軸がぶれている」あたりがもう、ああああ、それだぜ。それなんだぜ。Full ver.ではついに「ぶれている」ことを「波動と考え」、世界すらも変えてしまう。今は「震えてるだけにしか見えな」くても。とりあえず俺も居直ってぶれぶれぶれぶれぶれまくってやろうかと思う。

『僕はまだ何も知らない。』は正直Vermilionが聴きたくてそれだけのために買った。まぁ、それだったらiTMSで一曲だけ買っても良かったんだけど、たまには好きなアーティストの知らない曲に出会ってみるのもいいかもしれないと思って今回はCDで。

今日はiPodの電池が切れるまでエンドレスだなぁ。ふふふん。石川智晶ループはテンション上がらなそうな気もするけど。*1

*1:と思ったけどびっくりするほどテンション上がってきた。あかく激しいものだよ。

最近あちこちで「らき☆すた論」が流行してるみたいだ。まぁ別にそれはどうでもいい。俺はかなりツボに入ったけど、作品としてものすごく良質な部類だとは思わないし、面白くないなーと思った人が必死になって理解しなきゃいけないものでもないと思う。

それはそうとして。あまり共感してくれる人はいないかと思うけど、俺にとってはらき☆すたって「リアル」なんだよなぁ。なんか、あれを見てると高校時代のことをふっと思い出すことが結構ある。もちろん友達がみんなあんなに美少女だらだったなわけじゃないし、あんなにオタクオタクした友達もいなかった(…こともなくも…ないような気がしないでもないけど…)し、部活や生徒会やってたから日々あんなにのんびり過してはいなかったのだけど、何でなんでだろう、全体に流れる雰囲気がすごく懐しく感じるのは。



…埼玉だからか?

最近、仕事場のしーんとした環境に耐え切れなくてニコ動で作業用BGMを流しながら作業するようにしたのだけど、最初は昔の邦楽とか耳に心地のいい音楽とかを聞いてたのに、いつのまにか組曲ばっかり流すようになってた*1

やばい。気がついたらiTunesライブラリの電波曲比率が1割ほど増えてる。

やばい。気がついたら今週の第一位ガチャガチャきゅ〜とふぃぎゅ@メイト。

やばい。気がついたら休憩所で口から電波を発してる自分がいる。


…たまには、溺れてみるのもいいかなと思ってる自分に不安を覚える今日このごろ。ああどうしよう。助けてえーりん。

*1:一応配慮してイヤホンで聞いてるよ

また新しいのが出てたので、こないだTigerを入れ直したばかりのMac miniをまっさらにして入れてみる。なんだか最近OSのセットアップが週末の習慣になってる気がする。なにかあったらすぐOS再セットアップ。気分転換にOS再セットアップ。なんだその変な趣味。おかげでMacOSXの再セットアップには大分手慣れてしまったよ。

で、Leopardの最新Preview版。すごい。興奮して鼻血出そう。新インターフェースはWWDCとかで発表されてる通りなんだけど、なかなかにインパクトあるよ。まだ最適化が足りないのか、1.83GHz Core Duoでメモリ512MBのMac miniでは若干重かったけども。あと、半透明のメニューバーは視認性悪いな。

具体的なことは多分ここには書けない*1のが残念なのだけども、もう発売間近なので皆さんお楽しみにということで。アプリの互換性とか検証してみよう。あとObjective-C 2.0だなぁ。あとでADCのリファレンス読んでみよう。

*1:ってかどこまで書いていいのかわかんない。規約確認しないと。

暇つぶしのつもりが…

サークルも引退し、新しいバイト先も決まって、なんとなく心に余裕を持って迎えた3連休。折角だからなんかしようと思い立って、RSSリーダー、といかRSSティッカーの開発を始めた。Cocoaの勉強は随分サボってたし、RSSを扱うプログラムを書くのは仕事(Webシステム開発)の役にも立つだろうし。ってことで数ヶ月ぶりにXcodeを起動させてみる。おおう。どうやって使うんだっけ。

経験はハウツー本より強し

1年前趣味で始めた頃は数週間で熱が冷めて、Objective-Cの独特の文法と情報量の少なさの前に早々に挫折したCocoaアプリ開発だけど、久々に手をつけてみると意外とわかるわかる。アルバイトとしてシステム開発の仕事に携わり始めて、半年。社内体制もプロジェクトの進め方もむっちゃくちゃで、仕事と言えばPHPやJSPで書かれたぐちゃぐちゃなコードの保守ばかりで、はっきりいって何のプラスにもならなかったと思ってた今の会社での仕事もしっかり経験になってたんだなぁ。データベースやXMLなんて、趣味でやってた頃は申し訳程度に弄ってただけだったもんな。…ほとんど自力で勉強してた気もするけど。ていうかベタ書きのPHPとObjective-Cじゃほとんど共通点無いけど。まぁいいや。

高僧と門前の小僧しかいない世界

てな感じでXcodeで遊んでたら、面白くなってきた。奥が深いなぁ、Objective-C。独特の構文も見慣れてくると味があるように見えてくる。言語の優劣を語れるほどいろいろ知ってるわけではないので余計なことは言わないようにしますけど、良いですよ、Objective-C。Cocoaも素敵だし。

…もう少しドキュメントが整備されると、尚良いんですが。MacOSXになってから以前より注目度が上がったとは言え、ユーザの母体数がWindowsやLinuxに比べると圧倒的に少なくて、その中でも開発者人口ともなると微小な数に過ぎなくて、さらに日本語で情報を発信してるサイトなんかGoogle先生でも数えるほどしか見つけて来れないレベル。その見つけたドキュメントにしても書籍にしても、凄い高度な内容か入門程度の表面的な内容かしかなくて、ちょっと弄ってみるって所から脱して自分で考えたアプリケーションを組み上げてみる、っていう2ステップ目に踏み出す助けには、あまりならない。しかも、MacOSXもCocoaもXcodeもガンガン進化してる最中なので、1年前の情報が半分くらい役に立たない始末。ぬーん。英語を、英語を読めと言うのね。仕方ないから読みますよ。読みますけど。MacOSX向けのフリーソフトがなかなか増えないわけだよなぁ。

↑このページのトップヘ