As Sloth As Possible

可能な限りナマケモノでありたい

タグ:ブログ

twitterの呟きをそのままブログに載せるのってどうなの?っていう記事を見て、最近思ってたことで書いてなかったなぁってことがあったのを思い出した。

元記事に書いてあることには概ね同意で、俺も個人的には「ただ載せる」だけならやんなくてもいいのになぁと思ってるけど、元記事には結構「イヤなら見るな」「別に書き手は”あなたのために”書いてるわけじゃない、あなたが見たい/見たくないものを考慮して書く必要なんかない」ってコメントが付いてたりして、それに対してもまぁそれもそうだよなぁとも思ってる。俺がどうしてるかというと、readerにその日一日のポストをまとめた記事が上がってきても単にjjjって押してスルーするだけだし、あまりそれの頻度が高いようならレートを落として週一で見るだけにしたりもういっかーってんで購読停止したりすることもあるけど、だからってそのブログを書いてる人に「もっと読む人のことを考えた投稿をすべきじゃないですか」なんて意見したりはしない。受け手側が好きに取捨選択すればいいだけの話だとしか思わないしそうするのがWebだろうとも思ってる。

けどまぁ、ねぇ、と思うこともあるのですよ。なんと言うか、もちろん腹立たしいとかではなくて、勿体ないなぁ、というか。

twitter自体は本当にただ「つぶやく」ことができるというだけのサービスなので、そこに何を流そうが流す方の自由だし、そこから何を受けとろうが受けとる方の自由。生データ。どのくらい「生」なのかと言うと、例えば鉱山にある岩塊だったり渓谷に流れる水だったり森に生えてる野草だったりするくらいの「生」加減だと思うんだよね、あれって。

で、そういうものって、もともと「そこにある」分には「そのまま」でいいと思うし、「欲しい人は自分で山に入って取ってきてね」ってスタンスだったらそれはそれでいいんだけど、「街に持ってきてみんなに配ったり売ったりしよう」と思ったら、普通は岩塊や水や野草のままじゃなくて、岩塊は鉱物を抽出して金属塊にしたり、水はペットボトルに入れておいしい水ってラベル貼ったり、野草は薬や料理にしたりするよね、っていう。そして個人的には「twitterもやっていてブログも持っている」人が「twitterで見られるものを敢えてブログに持ってくる」というのはきっと「山奥の資源を街に持って帰ってくる」に近いような位置付けじゃないのかなぁ、と思う。

別にだからどうだと言うこともない。ブログにしろtwitterにしろ、あくまで道具なので使う人が使いたいように使えばいいだろうと思うし、だから一日分のつぶやきをまとめて貼ろうが、そもそもブログそのものをtwitter的な「生のデータを生えたい放題にさせとく場所」にしたって全然構わないと思う。俺自身、(このメインブログでは基本的にそれはやってないけど)サブブログでは本当につぶやきとか日記レベルのことを書いてたりする。上に書いたようなことも単に「俺が個人的に」「受け手として」思うだけの話で誰に何を提案するわけでもましてや強制するつもりもない。けど、「勿体ないからどうせなら加工してから店に置いときゃいいのになぁ、そうしたらきっとみんなもっと喜ぶだろうに」というなんだろ、感想、みたいなものはよく抱く。素材だけじゃなくて「編集する」っていう「料理人の腕」も見てみたいなぁ、とか。そんなもやっとした結論。

ブログネタ
ブログを始めたキッカケは? に参加中!

このピックアップテーマ面白いな。ブログを始めたキッカケは?。まとめて読みたい。共通テーマにフィード吐かせてれば…うーん。実装するかな…。

そう言えば、俺ブログ書き始めたの何がきっかけだったろう。ブログを書き始めたのは実は大分遅くて、多分一昨年の冬くらいに、前バイトしてた会社で某ブログサービスと絡んだ仕事をしたときに始めたんだったと思う。前の会社はもう無いしそのプロジェクトも頓挫したしそのサービスもライブドアブログじゃないんだけどね。その前にPodcastをやりたくてココログに登録したことがあったか。3回くらいやってやめた。よほど話術巧みか、何かに造詣の深い有名人とかじゃないと、一人でやるラジオは大変痛々しくなる可能性が高いのでオススメしません。

というわけでブロガーとしてはさほど長く続けてる方ではないのだけど、ブログブームが来る少し前に所謂テキストサイトを持ってたので、「Web上に文章をあげる」ということ自体はかれこれ8年くらいは続けてる。…思い返せばあれを始めたのが中二の時か。リアル中二病真っ只中のときだな。まぁ何を書いてたのかは御想像にお任せしますが、大変痛々しいことだけは間違いない。もう残ってないけど。あーうー。黒歴史というほどでもなくて多分#333333歴史くらいなんだけど、怖いもの見たさでもう一度読み返したいような読み返したくないような。

いらんことを思い出してしまった。

↑このページのトップヘ