As Sloth As Possible

可能な限りナマケモノでありたい

タグ:日常

昨夜はもちろんMacWorldの実況を追ってましたので、寝不足。危うい。寝惚けたままAppleStoreでPre-Order nowしそうになるし、車に轢かれそうになるし、AppleStoreでぽちっとやりそうになるし、電車に轢かれそうになるし、AppleStoreで(以下略)。落ち着け。あんなの、あんなの、たかが薄くなってカッコよくなって新デバイスが付いてSSDが搭載されただけのMacBookじゃないか!欲しい!やばい欲しいよ!多分今からでも遅くないからAppleStoreで(ry。そんな金無いっつーの。

でそんなわけでMacBook Air欲しいよ症候群に苦しんでたら、狙ったかのようなタイミングで開発用のマシンが届いた。昼飯から帰って席に付こうとしたらiMac様の箱が鎮座しておられました。ウホ。


素敵だよ。iMac。ちなみにiMacと一緒にぽつんとメモリが単体で置いてあったことも追記しておく。自分でやれメソッド発動。流石かわいい子を谷底に叩き落とす獅子の会社。違うって、そういう意味じゃないだろ。

あ、どうでもいいけどMacWorldで今回発表されたモノの中で個人的に一番ポイント高いのはTime Capsule。あの容量のネットワークストレージがあの値段で、加えてあのデザインで、あまつさえ無線LANのベースステーションで、極めつけがTime Machine対応だってよ。地味だけど今一番欲しい。

逆にAirは見送りの一手かな。今飛びつくのは林檎狂か真の漢だけだろう。ものすごく購買欲をそそるんだけども、冷静にスペックとコストパフォーマンスを見たらどう考えても最新型のMacBookのが上だし、これまでに無いものだから流石に不安すぎる。爆発はしないと思うけども。いや、違うよ。衝動買いするだけの財力が無いから負け惜しみしてるわけじゃないよ。本当にそれほど欲しくなんかないんだから。うん…欲しいよバカヤロウ、コンチクショウ。俺は林檎教徒だ悪いか!

新年早々ちょっとばかりイライラする出来事に遭遇したので、気分転換に電気屋初売り巡りをしてきた。購入品目はiLife '08とビッグカメラのデジカメ福袋。iPhotoを手に入れてカメラも欲しくなったのか、カメラを手に入れてiPhotoを欲しくなったのか、どっちなのかは言わないでおこう。


で、上のが早速撮った写真。うん、なんつーか、他に撮るもんなかったのか自分自身を問い詰めたい。まぁいいや。

帰りに乗った宇都宮線が快速で、うっかりこのまま下り方向に向かうと鷲宮に近付くなぁとか考えた自分の脳味噌爆発しろ。

ものすごい久々にmixiにログインした。そういえばデザイン変わってからログインしたの始めてかも。なんつーか、使い方さっぱり覚えてない上にデザインまで変わってるとどうしたものか困る。まぁ、使う気さらさらないから別に問題ないんだけど。

ついでにmixiの日記をこのブログに設定した。あとフレパも。正直SNSは全部解約してしまってもよかったんだけど、年明けから「ご学友」の皆さんの前から姿を消す身なので、近況報告程度にブログ見てもらうのも悪くないかもと思いたって。今mixiやってる人たちがどれだけアクティブなのかは知らんけども、まぁ目には触れるだろう。

失敗したかなぁ。mixi感覚でコメントとか付けられたら結構どん引きだけど、そうなったらそうなったでまた考えよう。

最近、通勤時間が結構楽しい。

さっきから俺の前に立ってる人に凝視されてる気がして顔を上げて愕然とした
この人はあれだ、超兄貴
兄貴と私、ボディービル
兄貴 が せきをゆずってほしそうにこちらをみている
いや、お前は立ってろよ
アイアムKY。ヤバスよ。テラヤバスよ。
などとのたまう女子高生が隣にすわった
あ、兄貴が逃げた。
痛い娘は超兄貴より強い
帰宅中のTwitterから抜粋

世の中には色んな人がいるなぁ。

朝起きたら両親が、「(俺が)留年したら学費を返還してもらうことにするので、月々いくらのお金が入ってくるか」についての皮算用で盛り上がってた。…卒業単位取り落したことまだ言ってないんだけど、流石に薄々気付いてるよな。多分冗談半分で言ってるんだろうけど、あなたがたの予想を遥かに上回る盛大なことになっているのですが。

心配しなくても、留年はしない…卒業しないから。そしてその皮算用は残念なことに実現してしまうのだけども。ええ、ちゃんと学費は働きながら返しますよ。月賦で。

とある界隈でワーキングプアのあだ名が付いてるfaultierだけど、本当のワーキングプアになることがほぼ確実視されました。まぁ完全に自己責任なので反省する他ないんですが。そして真の意味で「働いても働いても貧しい」状況から抜けだせない人に対しては申し訳ないけども、こんなのがワープアを名乗るのは。

秋学期始まって以来新システム導入やらメンテナンスやらで学校のPCルームのMacブースが全然使えなかったのだけど、久々に使えるようになってたので行ってみたら、PowerMac G4だったのが全部Intel iMacに変わってて驚いた。ついこの間まで明らかに型落ちのPowerMacに10.2が走ってるというなんだかなーな環境だったのが、Core 2 duo 2.16GHzでメモリ2GBで10.4.10ですって。快適快適。この間までどう見ても「よくわかんないけどとりあえず置いてます」って感じだったけど、Macに詳しいスタッフが入ったのかどうなのか、ちゃんと学内ネットワークとの連携もとれてる様子。こりゃいいや、卒業までずっとここ使おう。どうせみんなMacなんか使わないからほとんど俺専用席になる予感。

どうせみんなMacなんか使わない、というより大学の情報センターのスタッフがMacに関してはほとんどフォローしてくれないので、使わないではなくて使えないが正しい。Mac OS Xは正直Windows XPなんかよりよっぽど使いやすいインターフェースだとは思うんだけど、「知ってるものと違う」ってだけで思考が止まるらしく、大抵の場合席が埋まってて仕方なくMacブースに追いやられた可哀想な人たちは途方に暮れている。ので、たまに俺みたいな物好きがMacブースに座ってると、よく助けを求められる。謎の中国人に中国語入力の方法を教えてあげたり、以前はMacで学内のストレージにアクセスできなかったのでFTPでファイルを保存してあげたり、ログインもログアウトもわかんないで途方に暮れてるお姉さんに手取り足取りサポートしてあげたりしたこともある。

で、今日もそんな感じで隣に座った人に助けを求められたんだけど、今日はちょっといつもと違った。「Unixのコンソールを使いたいんだが、どうしたらいいか」と。そんなこと聞かれたの初めてだ。学校のPCルームでIEかWordかExcel以外のソフトを立ち上げてる人を見たことがなかったので、Terminal.appのありかを教えてあげながら、若干興味を持った。向こうもiMacをいじくってニヤニヤしてる俺が気になったらしく、いろいろ話しかけてきた。相手は電子工学の院生で海外のIT企業にインターンを考えてる人らしい。W-ZERO3の話とかiPod touchの話とか、学校の新システム開発の裏事情とか、そんなことをとりとめなく話して妙に意気投合して連絡先を交換した。

へぇ。ここ最近学校に行くのは時間の無駄としか思ってなかったけど、こういう予想外の面白いことがあるんならあと半年くらい我慢して通ってもいいかなとちょっとだけ思えた。まぁそれもMacの前に座ってたおかげなので、これからは暇つぶしするにしても積極的にMacブースに来ようかな。

うん、まぁ、授業に出る気は全然起きないんだけど。やる気の方向性が間違ってる。でもなぁ。実際何の意味もないんだもんな。

昨日、初めてまともにiPod touchのSafariをいじってみてちょっと楽しくなったので、今日は昼休みにlivedoor Wirelessのアクセスポイントを探して赤坂近郊をウロウロした。

いや、意外と落ち着いて繋げるところがなくて。ツインタワー周辺で上手いこと拾えず、行きつけのカフェドクリエでは繋げないという残念なことが発覚してしまった。朝から優雅にコーヒーを飲みながらFeedを流し読むという妄想が早くも潰えてしまうとは。いや、そんな余裕あるんなら早目に出社して会社でゆっくり見ればいいだけの話なんだが。しかも新着Feedが痛ニュだったりするので全然優雅でもなんでもないんだけども。

ちなみに、livedoor Wirelessはツインタワー本館裏の路上が一番繋りやすかった。喫煙所まで入ってくると接続状態が悪くなるという罠。うん。いや、煙草吸いながらLDRを使う必要は全くないのだけども。そこに理由を求めたら負けだと思ってる。何と張りあってるんだろう俺は。

昼飯に行きがてら、iPodで無線を探知しつつ歩きまわってみたのだけど、これが結構楽しい。livedoor WirelessとかFREESPOTとか、意外といろんなところにあるんだなぁ。それから、公衆無線LAN以外にも沢山の野良アクセスポイントを見つけられた。オフィス街なので、接続先のところに唐突に見覚えのある会社名が出てきたりする。セキュリティ上の観点から企業では敬遠されてると思ってたんだけど、案外そうでもないのかな、無線LAN。

あと、びっくりするほどパスワードのかかってない野良多い。無線を傍受とかそんな話ではなくて、入り放題。別に個人のネットワークなんかタダ乗りされたとこで大して実害はないと思うけど、「ルータにログインできた」とか「社内LANが丸見えだった」とかいう話も聞いたし、流石に不用心すぎじゃないかと。その気になれば都心部なら公衆無線LANなんか無くても歩きまわればネットはできる。不安定だし場所選べないけど。ま、そもそもそういうことをしちゃダメよってことで。

そう言えば、アメリカだったか、無線LAN搭載のノートPCを車に載せて街中を走り回り、どれだけ野良アクセスポイントを探せるかを競う競技があるってのを聞いたことがある。図らずも今日はそんな遊びをしてしまったんだけど、iPod touchは実はこれ非常に向いてる。持ち歩いてアクセスポイントを探すだけなら別にPSPやDSでも構わないけど、iPod touchだと、接続可能なネットワークがずらっと一覧されてそれがリアルタイムに更新されるので、探知機的な何かを持って街中を捜索(あるいは計測)してる気分を味わえてなお良し。まぁ、途中2度程画面に夢中になってて轢かれそうになったけども。子供か俺は。よい子とよい大人は真似しないように。

今日、昼間四ッ谷の町中で、とことことこ、と電線の上を駆けていくものを見かけた。濃いめのグレーのボディ、小さい手足、長いしっぽ。ああ、ネズミだ。

東京には大量にいるらしく被害も甚大らしいのでたぶん珍しくもないんだろうけど、家の近所ではあまり見かけない生き物なのでしばらく観察してしまった。大きさはゴールデンハムスターよりやや大きいくらい、多分そんなに大きな種類じゃないやつだろう。

よくよく見ると案外愛らしい。食物を漁るとか、病原菌をまき散らすとか、電線を噛み切るとかしなければもう少し愛でる人がいるだろうにな、と思ったけど、別にあいつらにとってはどうだっていいことだろう。もしかしたらむこうは向こうで「ゴミをまき散らすとか、騒音を出すとか、煙を吐くとかしなければもう少し可愛い生き物なんだけどな、人間」とか思ってるかもしれない。

↑このページのトップヘ