As Sloth As Possible

可能な限りナマケモノでありたい

タグ:Fink

ここんとこMacPortsをメインに使ってたので気付いてなかったのだけど、GHCをインストールしたくなって、でも確かあれは「ソースからコンパイルはしてはいけない」って言われてたよな、MacPortsじゃない方法で入れたいな、と思って見に行ったらFinkのLeopard対応始まってた

まだバイナリのダウンロードはできないみたいだけど、どのみちいつもソースから入れてるのであんまり関係ない。何かと便利なので入れておこう。

Leopardのプレビュー版をMac miniに入れてたんだけど、そもそも「使って試せる」レベルのものじゃなかったし、既に発表されてる新機能もまだ取り込まれる前のものだし、本腰入れていじってる暇もないしなと思いもう一度Tiger入れなおしてサーバにすることにした。

vim、zsh、Ruby、Apache、Subversionあたりは最新版をソースからインストールして、その他の必要なものは面倒なのでFinkを使って入れてたんだけど、mod_dav_svnを組み込んだApacheを起動させようとしたところでこんなエラーが。

httpd: Syntax error on line 53 of /usr/local/apache2/conf/httpd.conf: Cannot load /usr/local/apache2/modules/mod_dav_svn.so into server: Library not loaded: /sw/lib/libexpat.0.dylib?n  Referenced from: /sw/lib/libaprutil-0.0.dylib?n  Reason: Incompatible library version: libaprutil-0.0.dylib requires version 6.0.0 or later, but libexpat.0.dylib provides version 2.0.0

libexpatが古いのか。Finkが勝手に取り込んでくれるライブラリは若干古いから気を付けてないと。となると依存ライブラリも自分で保守しなきゃならなくなって結構面倒くさいなぁ。でもFinkからだとコンパイル時の細かい設定できなそうだし、ApacheやSubversionは評価や導入の練習も兼てできれば最新のものを使いたい。さてどうしよう。

…あれ。いや、待て。そういえばApacheもSubversionもソースから入れたのになんで/sw/lib/libaprutilを見てるんだろう。ていうか/sw以下のライブラリ同士で依存関係の不整合が起きてるのは何故?なんかどっかで手順間違えたかな、俺。

↑このページのトップヘ